Archives: 2月 2015

必要不可欠な工具は?

クライフを送る上で、工具は切っても切れない関係にある。 ただ、工具とひとくちにいってもいろいろあるし、多ければいいってものでもない。 必要なものを必要なときに使えてこそ工具であり、不要なものをたくさんならべても、それはスタイルでしかない。 まずは車載工具だが、(イクにセ″卜されている車載工具は「使うことができる」という程度のものしか入ってない。 ビスやナ″卜に対して精度が高くないので、思い通りの整備ができないことがある。だから、同じ種類のより質の高いものを自分で買い揃えておくのがベストだ。 ただし、プラグレンチの長さ・形状など専用のサイズになっているものもあるので、すべて交換したらそれがベストとはいいきれない。 たとえば、ホンダXRのプラグレンチはサイズだけでなく、奥行きも一般のものと異なる専用サイズ。 もちろん他の(イクでも気をつけないといけない。買い揃えたものは一度使ってみて問題ないか確認しておく。 さらに車載工具の袋に工具が納まるか、納まらないときには別の袋を用意し、さらに収納場所に納まるかもチエックしておく。 坤載亅具以外の買い揃え力たか、・腿に本格的な月日(セ″卜を買う作刀広と、少しすつ揃える方法がある。 自分がどこまで整備するかによって異なるが、エンジン脱着から分解までやるなら本格的な工具や作業台などを揃えた方が作業はやりやすい。 しかし、それ以外のことなら少しだけ工具を買い揃える程度で十分だと思う。 ツーリングに便利なものを少しずつ買い揃える内に、どんなものが良いのかがわかってくるだろ。  また、ひとつの高級ブランドにこだわらず、作業内容によってそれぞれに買い揃える方がいい。 逆に極端に安いものは避けたい。 軽量・コンパクト化のためにオリジナルエ具を作るのは楽しいし、工具収納板を作ると作業もはかどる。工具のメンテナンス方法は簡単。 いつもきれいに水分と油脂を拭き取っ弋おくこと。バイクの整備がバイクと同じくらいおもしろくなることだってあるのだかぺしっくりと整備に時間を費やしてもきっと悪くない話だと思う。

愛車が盗まれない方法

バイクの盗難は非常に多くなっている。 特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向があるので要注意。 決定的な安全策はないが、いつも同じところにバイクを置く、というのはもっとも危険だ。 バイクを盗まれた友人の大半は家の前やマンションなどの「いつもの場所」に置いていて夜に盗まれている。 門扉付きの車庫に置いていて盗まれた例もある。 盗む側としてはきっと「あらかじめ目標物をマークしている」のだろう。つまり、まず目標物になりにくいところに置く、というのが最大の防衛策だ。 車体カバーなどでバイクとして目立たないようにするのも大切。もちろん、その上で本格的なチェーン、U字ロック。 警報器などでも防衛すべき。(ンドルロ″クだけではすぐに壊されるから不十分。 バイクが欲しいから盗むのではなく、金銭目当てで盗むプロも跡を絶だない。 複数でやってきてレッカーなどで一気に持ち運ぶというから本当に恐いものである。 もしも路上から見えるところにしかバイクを駐車できないなら、盗難対策を徹底していることを見せつけるようにすれば牽制できるかもしれない。 ベストはできるだけ他の固定物とバイクのフレームをつなぐこと。 バイク単体にいくら対策しても、バイクごと持ち上げられてしまうし、前輪だけが残っていた、なんていう例もある。 車体カバーが盗まれることもある。 マジックインキでは直射日光ですぐに色あせるので、退色しづらいもので名前などを裏表に大きく書き込むか縫い込む。 盗難防止だけでなく風に吹き飛ばされないためにも、ゴムひもなどで巻き付けておく。 新車購入時に盗難保険に入るのも方法だが、たとえある程度の補償額が出たとしても十分とはいえないし、愛着が湧いたバイクがなくなったショックは消えない。 普段から十分な対策を施すしかないのである。 盗難対策 ハンドルロックだけでは不安。サイクルロックなどの併用で牽制。 ガードレールなど固定物に固定すれば効果アップ。 いつも同じところに止めるなら警報器も有効。短時間の駐車でも用心すべきだ。