マフラーなどのサビの落とし方は?

バイクは長く使っていれば汚れやサビは当然出てくるもの。

特にサビはやっかいで、歯の治療と一緒で早期対策がもっとも効果的だ。

メッキ、塗装部分の汚れや艶落ちは別項でも触れたようにコンパウンド(荒目、中目、細目、極細旦を使う。

コンパウンド入りの液体ワックスでも可能であり、軽度のサビもコンパウンドで落とすことができるはずだ。

ただし、コンパウンドは表面を削ることなので何度も繰り返していれば、いつかは塗装がダメになったり、メッキも薄くなりかえってサビやすくなることがある。

コートがかかっているアルミパーツにコンパウンドをかけて後で腐食してしまうこともある。

つまり、削るのは限界があるというわけだ。

コンパランドでサビを落としきれない場合に、専用のケミカル剤を使うのも方法だ。

また、サビを落として塗装するつもりなら、ケミカル剤のほかにサンドペーパーを使う。

ひどいサビはワイヤーブラシを使って大半を落とす方法もある。

マフラーは高温にさらされてサビやすいところだが、黒い塗装のエキゾーストーパイプエンジンにもっとも近い排気管)部分ならサビを落とした後は専用の耐熱塗料を使う。

メッキされているものは、こまめにサビを落とすしかない。

ステンレスマフラーは基本的にサビないが、汚れ落としや艶だしにはコンパウンドを使う。

走行中、マフラーにビニール袋が焼き付いてしまった、というときは焼き付いたときと同し温度にしてから竹べらなどでそぎ取ると簡単に綺麗になるが火傷に注意。

いずれにしても丁寧にやった作業は、それだけの輝きが出てくる。

できることなら整備の勉強も兼ねて、パーツを取り外してから作業に取りかかると、仕上げはさらに完璧になり、隠れて見えなかったところの汚れやサビも発見できるはず。

フレームなどサビないと思ったところでも裏の裏までチエ″クを入れると意外に手入れ箇所を発見できるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>