ドライブチェーンのメンテナンスは?

ピカピカのバイクがチェーン(正確には後輪をドライブするためにあるのでドライブチェーン)をタラタラさせて走っているのを見て「きっと走行中に外れるだろう」と思っていた

矢先に、そのバイクは立ち往生。

しきりにアクセルをふかして発進しようとするがカラカラと音がするだけ。

それでも気がつかないライダーがいるのだが、彼は実に運がいい。

外れたチェーンがクランクケースなどにひっかかり転倒するとか、エンジン破損で大変な修理代がかかるなんてことがあるのだから。

ということで、ドライブチェーンはきちんと張っておくべき。

ポイントは張り過ぎも緩み過ぎるのもダメ。

バイクショップでやっているのを見て覚えるか、サービスマニュアルを手に入れて覚えるしかない。

場数を踏めば誰だって正確に素早くできるようになる。

厳密にいえば、チェーンの張りはスイングアームの軸(ピボットシャフト)からメジャーで測って左右の締め付け位置を合わせる。バイクの調整用目盛りは、ひとつの目安に過ぎない。

もうひとつは、使い込んだチェーンは全体が伸びてスプロケット(前と後ろにある歯車が摩耗でトがる)にきちんと噛み合わなくなってしまい、外れやすく、スプロケットの摩耗も早める。

基本的にはチェーンの交換とスプロケット(特にリヤッドリブノースプロケッ卜ともいう)の交換は同時がベスト。

チェーンによっては一部分だけ伸びることがあり、張り(遊び)の調整が正確にできないことが稀にある。

そんなときはいさぎよく交換だ。

チェーンを長持ちさせるにはクリーン(専用ケミカルあり)にして、専用オイルを与えること。

汚れとオイル切れは寿命を縮め、維持費アスフにもつながる。交換では純正チェーンがコストと信頼性でおすすめ。

ただ、どんなチェーンも新品時は伸びが大きい(初期伸び)ことを知っておきたい。

また、泥道を走ったときの洗浄・給油はきっちり実行した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>