ベストなライディングーポジションはどう探す?

安全で楽しく走るために自分の能力をフルに発揮しなければならないのがバイク。

それには自在に扱える道具としてのバイクを自分好みの設定にする必要がある。

簡単にいえばペストなライディングーポジションを探すということだが、実はこれがなかなか奥が深い。

ライダーとしてのレベルが変化していけば、求める位置や質が変わってくるものでもあるからだ。

たとえば、初心者の頃は運転に自信がなくてシートはひたすら低ければいい、というのがパターンとしては多い。

しかし、ワインディングロードで腰を入れてダイダイとコーナリングできるようなレベルになったら、シートの高さや角度、あるいはクノンヨン性などライダーによって求めるものが変わってくるのである。

ということを前提に今現在のベストなライディングーポジションを探して欲しい。(ンドルグリップの前後取り付け位置や高滯、絞り角。グリップの形状・材質。クラッチ&ブ

レーキレバーの距離あるいは遊び量。ブレーキ&チェンジペダルの高さ。リヤブレー牛の遊び量。(″クミラー取り付け角度。シートの高さ、クノンヨン性、表皮材質。

あるいはローシート型への変更。前後サスペンション前荷重設定(あらかしめスプリングにかかっている荷重のことでフリーロードという)によっても足着き性や操縦性まで変わる。

フロントフォークの突き出し量やリヤサスペンションのリンク取り付け位置なども含めて、ポジションに関わる方法は非常に多くある。

しかし、ある程度は誰にもフィ″卜するようにメーカーでバランスよく設定してあるので、極端に変更するのは愚策だ。何か自分にとって負担になっているか、をよく見きわめ

て少しずつベストな位置を探し出すべきだ。

もしも、迷ってしまったら最初のノーマル位置仁昃してみよう。

バイク無料査定|あなたのバイクは今いくらで売れる? バイクの売却は今すぐコチラ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>