愛車が盗まれない方法

バイクの盗難は非常に多くなっている。

特に人気があるバイクは盗難されやすい傾向があるので要注意。

決定的な安全策はないが、いつも同じところにバイクを置く、というのはもっとも危険だ。

バイクを盗まれた友人の大半は家の前やマンションなどの「いつもの場所」に置いていて夜に盗まれている。

門扉付きの車庫に置いていて盗まれた例もある。

盗む側としてはきっと「あらかじめ目標物をマークしている」のだろう。つまり、まず目標物になりにくいところに置く、というのが最大の防衛策だ。

車体カバーなどでバイクとして目立たないようにするのも大切。もちろん、その上で本格的なチェーン、U字ロック。

警報器などでも防衛すべき。(ンドルロ″クだけではすぐに壊されるから不十分。

バイクが欲しいから盗むのではなく、金銭目当てで盗むプロも跡を絶だない。

複数でやってきてレッカーなどで一気に持ち運ぶというから本当に恐いものである。

もしも路上から見えるところにしかバイクを駐車できないなら、盗難対策を徹底していることを見せつけるようにすれば牽制できるかもしれない。

ベストはできるだけ他の固定物とバイクのフレームをつなぐこと。

バイク単体にいくら対策しても、バイクごと持ち上げられてしまうし、前輪だけが残っていた、なんていう例もある。

車体カバーが盗まれることもある。

マジックインキでは直射日光ですぐに色あせるので、退色しづらいもので名前などを裏表に大きく書き込むか縫い込む。

盗難防止だけでなく風に吹き飛ばされないためにも、ゴムひもなどで巻き付けておく。

新車購入時に盗難保険に入るのも方法だが、たとえある程度の補償額が出たとしても十分とはいえないし、愛着が湧いたバイクがなくなったショックは消えない。

普段から十分な対策を施すしかないのである。

盗難対策

ハンドルロックだけでは不安。サイクルロックなどの併用で牽制。

ガードレールなど固定物に固定すれば効果アップ。

いつも同じところに止めるなら警報器も有効。短時間の駐車でも用心すべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>