効率的な洗車・ワックスがけの方法

バイク整備は洗車から始まる。いきなり整備しようとしても汚いと効率的で優れた整備はできない。

しかも、バイク全体を見て問題点を発見するためにも念入りな洗車は不可欠。

整備上問題点がなければワックスがけに移るのだが、洗車の善し悪しが仕上げのレベルを変えてしまうのである。

なお、サビ防止のため洗車は夜やらない。

また、ワックスがけは炎天下ではやらないのが基本。

家庭用ホースを使う場合とコイン洗車機を使うのとでは洗浄力は異なるが、まずはマフ匸フー内部に水が入らぬようにマスキング。センタースタンドないし整備用スタンドがあれば利用。

しつこい油汚れは中性洗剤を吹きつけ、必要なら予備洗いしておくと効率いい。

入り組んだところは歯ブラシも利用する。

最初はできるだけ上から優しくかけて、全体のはこりを流す。泥などは水を染み込ませてから、水圧で流し落とす。

次に中性洗剤を用い柔らかいブラシやタオルを使って上部から洗う。

アメリカンタイプのバイクではメッキパーツを傷つけないように注意するが、どんなバイクでも力いっぱいこすりつける洗い方は禁物だ。

ダートを走ったオフロードバイクはタイヤサイドを洗ったつもりでも乾いてみると結構汚かったりうるので、タリでしっかり洗浄する。

洗車が終わったら、次は拭き取り。

綺麗なタオルを使ってしっかり拭きあげる。

コンプレッサーがあれば吹き付けて乾かす。

次に極細のコンパウンドないし、コンパウンド入りの液体ワックスで、目立つ汚れを落とす。

きれいなウエス使用が前提だ。

細部の手入れができたら、最終的にワックスをかけるが、塗り過ぎても意味なし。

シートに塗るのも滑るから厳禁。

レプリカやスクーターに多く使っているプラスチ″クパーツはゴシゴシやると静電気でかえってほこりが付着して汚くなるので注意したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>