効率的な洗車・ワックスがけの方法

バイク整備は洗車から始まる。いきなり整備しようとしても汚いと効率的で優れた整備はできない。

しかも、バイク全体を見て問題点を発見するためにも念入りな洗車は不可欠。

整備上問題点がなければワックスがけに移るのだが、洗車の善し悪しが仕上げのレベルを変えてしまうのである。

なお、サビ防止のため洗車は夜やらない。

また、ワックスがけは炎天下ではやらないのが基本。

家庭用ホースを使う場合とコイン洗車機を使うのとでは洗浄力は異なるが、まずはマフ匸フー内部に水が入らぬようにマスキング。センタースタンドないし整備用スタンドがあれば利用。

しつこい油汚れは中性洗剤を吹きつけ、必要なら予備洗いしておくと効率いい。

入り組んだところは歯ブラシも利用する。

最初はできるだけ上から優しくかけて、全体のはこりを流す。泥などは水を染み込ませてから、水圧で流し落とす。

次に中性洗剤を用い柔らかいブラシやタオルを使って上部から洗う。

アメリカンタイプのバイクではメッキパーツを傷つけないように注意するが、どんなバイクでも力いっぱいこすりつける洗い方は禁物だ。

ダートを走ったオフロードバイクはタイヤサイドを洗ったつもりでも乾いてみると結構汚かったりうるので、タリでしっかり洗浄する。

洗車が終わったら、次は拭き取り。

綺麗なタオルを使ってしっかり拭きあげる。

コンプレッサーがあれば吹き付けて乾かす。

次に極細のコンパウンドないし、コンパウンド入りの液体ワックスで、目立つ汚れを落とす。

きれいなウエス使用が前提だ。

細部の手入れができたら、最終的にワックスをかけるが、塗り過ぎても意味なし。

シートに塗るのも滑るから厳禁。

レプリカやスクーターに多く使っているプラスチ″クパーツはゴシゴシやると静電気でかえってほこりが付着して汚くなるので注意したい。

あなたにもできる簡単なメンテナンス

メインテナンスは、辞書によると維持、保持、管理という意味があり、雑誌によってメンテナンスなどと簡略にいっている。(イメカ満載の複雑なバイクは、`メンテナンスが非

常にむずかしいと思って、はなっから諦めている初心者が少なくない。

スゴ腕のベテランだって最初は失敗ばかりしていたはずだから、ともかく恐れずにまずは簡単なことから徐徐に取り組んでみよう。マイペースでメンテナンスに取り組む姿勢があれば、今までわかっていたつもりなのに「こんなふうになっていたんだ」などと感心して、ますますバイクの魅力を発見でき、整備の腕も段々と上がっていくはずだ。

乗りっ放しでは絶対に体験することのない深い感動がそこにはある。

とはいっても素人だから限度はある。特殊工具などが必要な高度なレベルは割り切って

プロに任せる、という考えも大切だ。特に安全性に直結するブレーキ系は信頼できるプ囗

に時々チェックを入れてもらうことが肝心だ。

具体的にはまず、チェーン調整、クラッチレバーの遊び調整、ブレーキの遊びとチェンノレハーの角廈調鵯 λ右のIハーの角膚哨

整、ス囗ットルの遊び調整、点火プラグやエアエレメントのチェックと掃除。

オイルとオイルエレメントの交換。最後に各部分の増し締め。

すべてこれら基本的な作業はサービス了匸アルを見れば一人でもできるようになっている。まずは、特殊工具が必要なレベルまですぐにトライする必要はない。

メンテナンスの基本は、積極的に取り組む姿勢が第一であり、次に自分の体の一部と思ってデリケートに扱ってやることだ。作業時間が長くなっても、ラフな作業よりはるかにいい。

優しく正確にやってこそ、なのである。

自分だけのバイクに仕立てるために、改造する楽しさもあるが、エンジン、足廻りの改造パーツに高い費用をかけるよりもまずは新車時に近いベストーコンディションをキープする方が賢明。いい加減な状態でマフラーやキャブレターを交換してもいい結果は得られないし、かえって性能ダウンすることが多い。

あるいは純正パーツのまま、微調整や内部パーツ研磨などで素晴らしい走りに生まれ変わらせることも修練すれば可能だ。

素晴らしい状態でバイクを走らせば、当然走りは軽快になり、バイクの寿命も伸びる。無駄なガソリン消費も減る。いい音も出る。

まずはバイクの基本性能をフルに引き出すことから始めよう。